ロイヤルグランシャリオ

ロイヤルグランシャリオ

ロイヤルグランシャリオ

本館ロビー階ロイヤルグランシャリオ

ロイヤルグランシャリオ

安心で、本当に美味しい、
目にも楽しい、王道のビュッフェ

徹底した衛生管理と安全対策のもと、味覚と視覚でお楽しみいただける王道のビュッフェとしてリニューアルオープン致しました。
料理長が自ら厳選し全国から取り寄せた旬な食材で作られる多彩な料理。彩鮮やかでフォトジェニックな絶品スイーツコーナー。そして魚の解体ショーブースを設けたライブキッチン。日常では滅多に味わうことが出来ない王道のビュッフェ体験をあなたに。

Information

ご利用時間 夕食 / 18:00~21:00
朝食 / 7:00~9:00
席数 約700席

※営業時間は日によって変更となる場合があります。

  • ロイヤルグランシャリオ
  • ロイヤルグランシャリオ
  • ロイヤルグランシャリオ

BUFFETブッフェのご案内

多彩なライブキッチン

旬の活大魚を豪快かつ繊細に目の前で捌く魚の解体ショーブースをはじめ、
和洋中、多彩なライブキッチンで至高のひとときをお届け致します。

【和食】生け簀に活魚を用意。お客様の目の前で捌きます。【和食】生け簀に活魚を用意。お客様の目の前で捌きます。
【中華】手作りの点心。蒸したての熱々を蒸籠ごとご提供。ご注文を受けてから麺をゆでるピリ辛担々麺もオススメです。【中華】手作りの点心。蒸したての熱々を蒸籠ごとご提供。
ご注文を受けてから麺をゆでるピリ辛担々麺もオススメです。
【洋食】ロティサリーオープンでじっくり焼き上げたチキンや焼きたてのピザなどを提供。【洋食】ロティサリーオープンでじっくり焼き上げたチキンや
焼きたてのピザなどを提供。

スイーツコーナー

スイーツコーナー

色鮮やかなフォトジェニックなスイーツコーナーではフレッシュフルーツを使いその場でミキサーしたスムージーや10種類のジェラートがおススメです。

スイーツコーナー

スイーツコーナー

安心・安全な
お食事のための取り組み

Karakami HOTELS & RESORTSは
新型コロナウイルス感染拡大防止に積極的に取り組んでおります。

  • Karakami クリーンゲート

    Karakami クリーンゲート

    お客様はレストラン入場前に、空間除菌システムにより浄化されたゲート内をくぐって頂き、防疫フロアマットで靴底を除菌、さらに手指を消毒していただきます。

  • テーブルに仕切り

    テーブルに仕切り

    飛沫感染防止対策として、各テーブルにパーテーションを設けております。安心してお食事をお楽しみください。

安心な旅行のために“新北海道スタイル”
安心宣言

定山渓ビューホテルでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
国が示す「新しい生活様式」の実践に向け、
北海道から発表された「新北海道スタイル」安心宣言に取り組んで参ります。
お客様におかれましては、何卒ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  • スタッフのマスク着用及び手指消毒を徹底します

    スタッフのマスク着用及び
    手指消毒を徹底します

    • 全従業員がマスクを着用し接客・業務
    • 手洗い・うがい・手指の消毒を徹底
  • スタッフの健康管理を徹底します

    スタッフの
    健康管理を徹底します

    • 毎日、検温を実施(家族・同居者を含む)
    • 体調不良者は自宅待機
    • 従業員は不要不急の外出・会合を自粛
  • 館内の定期的な換気を行います

    館内の定期的な換気を
    行います

    • 密閉空間が生じないよう各所適宜、換気
  • 館内の定期的な消毒・洗浄を行います

    館内の定期的な
    消毒・洗浄を行います

    • 館内各所に消毒液や除菌の薬剤を配置
    • ビュッフェレストランでは、使用トングは15分おきにすべて交換
  • ソーシャルディスタンスの取り組みを強化

    ソーシャルディスタンスの
    取り組みを強化

    • 館内全てでの密閉、密集、密接の回避
    • フロント等に感染防止のアクリル板の設置

    ※大浴場、プール、レストランでは、入場・時間制限を実施する場合がございます

  • お客様にも手指消毒やマスク着用を呼びかけます

    お客様にも手指消毒や
    マスク着用を呼びかけます

    • マスクをお持ちでないお客様には
      マスクを配布
    • ご来館時、手指の消毒を行って
      いただきます
  • ホテルの取組みをお客様に積極的にお知らせします

    ホテルの取組みをお客様に
    積極的にお知らせします

    • 館内掲示やホームページなどを使い
      お知らせ